利点

 

 

beneficios

 

透明処理

短い時間で投資収益率

競争市場に直面してビルド

戦略情報

コスト削減の実装と管理

工程改善

自主性を得るためにチームのトレーニング

意思決定のためのセキュリティ

 

コンサルティングを雇うのいくつかの利点をチェックアウト:

1 – リニューアル – コンサルティングは、他のクライアントで得た新しい知識や経験をもたらします。これは、他のプロジェクトの経験に基づいて発生している問題の解決に焦点を当てた外観図を、提供します。

2 – 可用性 – 内部スタッフは、通常、他のタスクに満ちているので、特定の問題に直接フォーカスを持つことはできませんが、コンサルタントは、契約の定める期間内に専用に動作します。

3 – 中立 – コンサルタントが企業のポジションのために争いや競争せずに結果を生成すると懸念しています。

4 – 時間 – コンサルタントは彼と彼のクライアントとの間で合意されたプロジェクトに設定期限内で作業する必要があります。これは、すべてが明らかにし、解決することが高速であることができます。

5 – フォーカス – 部外者であること、それは会社の「悪徳」を持っていない、それはコンサルタントが直接問題の簡単かつ迅速な診断となります。

6 – スコープ – コンサルタントが制御を容易にし、成功を保証する、スコープを明確に理解することができている、プロジェクトや目標に動作します。

7 – イニシアチブは不敵に – 彼らは社内の他の人との長い関係を持っているので、国内の従業員は、アカウントにいくつかの感情を取ることができ、それが困難な意思決定を行う中断されることがあります。しかし、コンサルタントは、これらの機会を容易にする、より合理的です。

8 – 経済 – コンサルタントとの一時的な予定は、一定期間後に不要になるかもしれない専門家を雇うよりもはるかに安いです。

9 – エクストラ動機 – 変更は本当に起こるようにコンサルティングは、はるかにフォーカスされた、余分なブーストを提供します。

10 – 改善発行者/開発者 – 各部門のマネージャーを越え、コンサルタントはまた、従業員と広報担当者を示し、それは企業が継続的な改善を懸念していることを人々にそれを明らかにし、その我々は以前に見てきたように、もちろん、財務成績に影響を与えます。